【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者が,未完成である建物を販売する際,新聞折込ビラに写真に写される部分の規模,形質が同一の他の建物の内部写真を用いても,その写真が他の建物のものである旨を,写真に接する位置に明示すれば,不当表示となるおそれはない。

正しい

公正競争規約によれば、「取引しようとする建物が工事完了前(未完成)」の場合は,他の建物の写真を用いることができる。この場合,建物の内部写真は,「写真に写される部分の規模,形質等が同一のもの」について「その写真が他の建物のものである旨を,写真に接する位置に明示すれば」,用いることができる。したがって本肢は不当表示となるおそれはない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒不当表示の禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加