【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

投資家に示すための投資採算価値を表す価格を求める場合は,正常価格ではなく,特定価格として求めなければならない。

正しい

投資家への投資採算価値を表す価格は,正常価格じゃダメで,特定価格として求めなければならない。なぜならば,投資家への投資採算価値を表す価格は,正常価格の前提となる諸条件を満たさない特別な場合(例:ある会社の事業の採算性を判断しようとするとき)に求めるべきものだからだ。そもそも特定価格とは,正常価格の前提となる諸条件を満たさない場合(例:ある会社の事業の採算性を判断しようとするとき)における,不動産の経済価値を適正に表示する価格,と定義されるものなのだ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒不動産の鑑定評価の目的

このエントリーをはてなブックマークに追加