【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

収益還元法は、対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格を求める手法であり,このうち,一期間の純収益を還元利回りによって還元する方法をDCF(Discounted Cash Flow)法という。

誤り

収益還元法は,問題文の通り「対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格を求める手法」だ。要するに,その不動産が「生み出すであろう賃料」などの収益を参考にする方法だ。ところで,収益還元法のやり方には,直接還元法(一期間の収益価格を求める方法)とDCF法(連続する複数の期間の収益価格を求める方法)とがある。本肢はDCF法の定義が書いてあるが,誤りだ。DCF法は「連続する複数の期間」に発生する純収益等から収益価格を算出する方法だ。「一期間」に発生する純収益等から算出するのではない。「一期間」に発生する純収益等から算出するのは,直接還元法だ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒正常価格を求めるための手段

このエントリーをはてなブックマークに追加