【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

建物の賃貸借契約の敷金を受け取り,敷金の領収書(記載金額100万円)を作成した場合,その領収書に「賃借人が退去する際に返還する」旨が記載されているときでも,印紙税は課税される。

正しい

問題文から分かるように,本肢は領収書を作成しているので,印紙税が課税される。敷金は返還されるので実務では預り証というが,預り証も領収書に含まれる。領収書は,営業に関しないものは非課税だが,領収額が100万円なので,営業に関するものと見て差し支えない。なお,建物の賃貸借契約書には印紙税がかからないが,本肢は敷金の領収書であり建物の賃貸借契約書じゃないので,注意。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒印紙税の定義

このエントリーをはてなブックマークに追加