【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

A社の発行する「建物の譲渡契約に係る手付金として,500万円を受領した。」旨が記載された領収書は,記載金額500万円の売上代金に係る金銭の受取書として印紙税が課される。

正しい

営業に関する受取書の典型は,「売上代金を受領する」際に発行されるものだが,不動産の売買契約や賃貸借契約の「手付金を受領する」際に発行されるものも,営業に関する受取書に含まれる。つまり手付金も売上代金に含まれる。したがって本肢では,受取書に記載された金額(500万円)を記載金額として,売上代金に関する受取書として,印紙税が課される。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒印紙税の定義

このエントリーをはてなブックマークに追加