【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

国を売主,株式会社A社を買主とする土地の譲渡契約において,双方が署名押印して共同で土地譲渡契約書を2通作成し,国とA社がそれぞれ1通ずつ保存することとした場合,A社が保存する契約書には印紙税は課税されない。

正しい

国と会社が土地の譲渡契約書を2通作成し,双方で1通ずつ保存する場合,会社が保存する契約書には,印紙税は課税されない。なぜなら,「会社が保存する契約書は国が作成したとみなされ」,国には,そもそも印紙税が課税されないからだ。ちなみに本肢では,国が保存する契約書には,印紙税が課税される。「国が保存する契約書は会社が作成したとみなされ」,会社は印紙税が非課税ではないからだ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒印紙税の定義

このエントリーをはてなブックマークに追加