【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

地すべり地については,上部は急斜面,中部は緩やかな斜面,下部には末端部に相当する急斜面があり,等高線は乱れて表れることが多い。

正しい

本肢は普通の言葉にホンヤクできれば簡単だ。地すべりした所の状態を言っている。問題文には「地すべり地の……下部には末端部に相当する急斜面があり」と書いてあるが,これは,下の方には地すべりの先端に当たる急斜面がある,という意味だ。「末端部」はガケの下を指すのではなく,地すべりの先端を意味する。なお,規則正しく地すべりすることは少ないから,こういう所の等高線は乱れて表れることが多い。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒ガケ崩れのおそれがない所

このエントリーをはてなブックマークに追加