【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

著しく傾斜している谷に盛土して宅地を造成する場合,盛土前の地盤と盛土が接する面がすべり面となって崩壊するおそれがあるので,原地盤に繁茂している樹木を残したまま盛土を行って,その安定を図らなければならない。

誤り

原地盤に繁茂している樹木を残したまま盛土などしたら、かえって崩壊の原因になる。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒ガケ崩れのおそれがない所

このエントリーをはてなブックマークに追加