【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者が土地の有効な利用が著しく阻害される傾斜地を含む宅地の販売広告を行う場合は,土地面積に占める傾斜地の割合にかかわらず,傾斜地を含む旨及びその面積を明瞭に表示しなければならない。

正しい

公正競争規約によれば,「傾斜地を含む土地であって,傾斜地の割合がその土地面積のおおむね30%以上を占める場合は,傾斜地を含む旨及び傾斜地の割合又は面積を明示すること。ただし、傾斜地の割合が30%以上を占めるか否かにかかわらず,傾斜地を含むことにより,その土地の有効な利用が著しく阻害される場合は,その旨及び傾斜地の割合又は面積を明示すること」になっている。土地の有効な利用が著しく阻害される場合は傾斜地の割合は関係ないから,本肢の表現は正しい。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒不当表示の禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加