【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者が,徒歩による所要時間について,信号待ち時間,歩道橋の昇降時間を考慮しないで,道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出し,新聞折込ビラに表示しても,不当表示となるおそれはない。

正しい

公正競争規約によれば、「徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出した数値(1分未満の端数は1分として計算する)を表示すること」になっている。その際、信号待ち時間、歩道橋の昇降時間は考慮しないでよい。このような基準(道路距離80mにつき1分間)は統一的に把握されるべきであり、信号や歩道橋がない場合もあるからだ。したがって,不当表示となるおそれはない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒不当表示の禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加