【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

床面積の3分の1を店舗として使用し,残りの部分は住宅として使用する家屋を新築した場合は,相続時精算課税の特例を受けることはできない。

誤り

相続時精算課税の特例を受ける場合に新築・取得する住宅家屋は,床面積の「2分の1以上に相当する部分が居住用」である必要がある。したがって,本肢の事例では床面積の3分の2が住宅として使用されるので,この特例の適用を受けることができる。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒贈与税

このエントリーをはてなブックマークに追加