【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

65歳未満の親から住宅用家屋の贈与を受けた場合でも,住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例を受けることができる。

誤り

相続時精算課税の特例は,住宅用家屋の新築・取得・増改築のための「資金の贈与」を受けた場合の制度だ。現物の贈与(住宅用家屋の贈与)を受けた場合の制度ではない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒贈与税

このエントリーをはてなブックマークに追加