【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

甲県知事の免許を受けている宅建業者A社(事務所数1)が,甲県の事務所を廃止し,乙県に事務所を新設して,引き続き宅建業を営もうとする場合,Aは,甲県知事を経由して,乙県知事に免許換えの申請をしなければならない。

誤り

Aは,甲県の1ツしかない事務所を廃止し,乙県に事務所を新設して,引き続き宅地建物取引業を営もうとするのであるから,免許換えを申請する必要がある。しかし免許換えは,新免許権者(乙県知事)に直接申請する。甲県知事を経由してするのではない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒免許換え

このエントリーをはてなブックマークに追加