【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者A社(甲県知事免許)の唯一の専任の取引士であるBが退職したとき,A社は2週間以内に新たな成年者である専任の取引士を設置し,設置後30日以内にその旨を甲県知事に届け出なければならない。

正しい

専任の取引士の人数は,

①事務所では,従業員5人につき1人以上の割合

②事務所以外では,1人以上

でなければならないが,退職等の事情でその条件を満たさなくなった場合,宅建業者は2週間以内に,補充等の措置を執らなければならない。なお,専任の取引士の氏名の変更は,変更の届出の対象でもあるので,専任の取引士が退職等の事情で欠けたときは,宅建業者は,2週間以内に補充等の措置を執ると共に,30日以内に変更の届 出をしなければならない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒取引士を置く義務

このエントリーをはてなブックマークに追加