【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者Aとの取引により生じた電気工事業者の工事代金債権について,その電気工事業者は,営業継続中のAが供託している営業保証金から,弁済を受ける権利を有する。

誤り

営業保証金から弁償(弁済)してもらえる権利があるのは、宅建業者と「宅建業に関する取引」をした者、つまり不動産屋さんのお客さんだ。いくら宅建業者からお金をもらえる権利があるとしても、電気工事業者は、その意味では不動産屋さんのお客さんじゃない(取引先にすぎない)から、たとえ宅建業者が倒産しても、営業保証金からは弁償してもらえない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒営業保証金

このエントリーをはてなブックマークに追加