【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者が売買の媒介に際し依頼者の一方から受けることのできる報酬の額の最高限度は,売買代金の額にかかわらず,代金の3パーセントに相当する額に6万円を加えて算出された額である。

誤り

売買の媒介に際し依頼者の一方から受けることのできる報酬の額の最高限度は,「速算式」を使うと,代金の3パーセントに相当する額に6万円を加えて算出された額になる。しかし,この速算式は,代金の額が 400万円を超える場合にしか使えない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒受領できる報酬額の限度

このエントリーをはてなブックマークに追加