【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者Aは,オフィスビルの所有者Cから賃貸借の媒介を依頼されたが,過去数回にわたってCの物件について賃貸借の媒介をしていたことから,その依頼に関係する媒介契約を締結したとき,Cに対し,書面の作成及び交付を行わなかった。宅建業法に違反しない。

正しい

宅建業法に違反しない。本肢で言っている書面とは「媒介契約書」のことだ。つまり本肢は,媒介契約の規制の問題だ。宅建業者が「貸借の媒介」や「貸借の代理」を依頼されたときは,そもそも媒介契約の規制はない(口約束でOK)。したがって,AがCに対し書面(媒介契約書)の作成・交付を行わなかったとしても,宅建業法に違反しない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒媒介契約の規制

このエントリーをはてなブックマークに追加