【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者Aが,Bの宅地の売却の媒介の依頼を受け,Bと専任媒介契約を締結した。Aは契約の相手方を探索するため,その宅地に関する決められた事項を媒介契約締結日から7日(休業日を含む)以内に指定流通機構に登録する必要がある。

誤り

専任媒介契約を締結したときは,契約の相手方を探索するため,国土交通省令で定める期間内に,その媒介契約の目的物である宅地建物について,一定の事項を指定流通機構に登録しなければならない。ところで,上の「国土交通省令で定める期間内」は,普通の専任媒介契約では専任媒介契約締結の日から7日以内,専属専任媒介契約では専属専任媒介契約締結の日から5日以内だ。そして,この7日以内や5日以内を計算する際は,「休業日を算入しない」ことになっている。でも本肢はカッコ内で(休業日を含む)と書いてあるので,誤りとなる。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒媒介契約の規制

このエントリーをはてなブックマークに追加