【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

Bが,自己所有の宅地に自ら貸主となる賃貸マンションを建設し,借主の募集及び契約をCに,当該マンションの管理業務をDに委託する場合,Cは免許を受ける必要があるが,BとDは免許を受ける必要はない。

正しい

まずBについて。Bは宅建業法上の「取引」を行っていないので,免許を受ける必要はない。自己所有の宅地に自ら貸主となる賃貸マンションを建設すること,借主の募集及び契約をCに委託すること,そのマンションの管理業務をDに委託することは,いずれも宅建業法上の「取引」ではない。
次にCについて。CはBから,借主の募集及び契約を委託されているが,これは貸借の代理であり「取引」に当たるので,免許を受ける必要がある。
さらにDについて。DはBから,マンションの管理業務を委託されているが,これは宅建業法上の「取引」ではないので,免許を受ける必要はない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒宅建業者の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加