【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者が廃業届を提出し,免許の効力を失った場合でも,その者は,廃業前に締結した契約に基づく取引を結了する目的の範囲内においては,なお宅建業者とみなされる。

正しい

免許が効力を失った場合は当然ながら宅建業をできないが,この当然の理屈をどこまでもつらぬくと,宅建業者に未処理の契約があった場合でも後始末できず結局お客さんが迷惑する。そこで,宅建業者だった者は,自分が締結した契約に基づく取引を結了する目的の範囲内(未処理の契約の後始末をする範囲内)では,なお宅建業者であるとみなされ,その範囲内に限って,宅建業ができることになっている(無免許営業にならない)。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒廃業等の届出

このエントリーをはてなブックマークに追加