【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者Aは,B所有の宅地を宅建業者でないCに転売しようとしている。Aは,Bにこの宅地の買取りについてまったく話を持ち掛けていない場合であっても,Bから承諾を受ける見込みで,その宅地をCに売り渡す契約を締結しても,さしつかえない。

誤り

宅建業者が他人(B)との間で物件の買取り契約を結んでいないのだから、原則通り、Aはこの宅地をCに売り渡す売買契約を締結できない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒自己の所有に属しない物件の売買禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加