【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者が事業用建物の賃貸借の媒介を行うに当たっても,居住用建物と同様に,台所,浴室等の設備の整備状況について重要事項の説明をしなければならない。

正しい

宅建業者が建物の貸借にたずさわる場合(建物の貸借の代理または媒介をする場合),台所,浴室,便所,その他のその建物の設備の整備の状況は,重要事項として説明が義務づけられている。この制度の対象は「建物の貸借」なので,居住用建物と同様に事業用建物の賃貸借の媒介を行うに当たっても適用がある。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒重要事項の説明義務

このエントリーをはてなブックマークに追加