【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者Aが,マンションの分譲を行うに際して,当該マンションの建物の計画的な維持修繕のための費用を特定の者にのみ減免する旨の規約の定めがある場合,Aは,買主が当該減免対象者であるか否かにかかわらず,その内容について重要事項の説明をしなければならない。

正しい

宅建業者がマンションの売買にたずさわる場合,「その1棟の建物の計画的な維持修繕のための費用,通常の管理費,その他建物の所有者が負担しなければならない費用を,特定の者にのみ減免する規約の定め(その案を含む)があるときは,その内容」を,重要事項として説明しなければならない。買主がその減免対象者であるか否かにかかわらない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒重要事項の説明義務

このエントリーをはてなブックマークに追加