【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

AがBから甲土地を購入したところ,甲土地の所有者を名のるCがAに対して連絡してきた。Cが時効により甲土地の所有権を取得した旨主張している場合,取得時効の進行中にBA間で売買契約及び所有権移転登記がなされ,その後に時効が完成しているときには,Cは登記がなくてもAに対して所有権を主張することができる。

正しい

本肢のように、Cの時効取得と第三者(A)がからむ場合も、BA間の売買契約締結の時期によって、結論が左右される。

・Cの時効完成「前」に、BA間の売買契約が締結されたときは、Cは登記がなくても、Aに対して所有権を主張できる。

・Cの時効完成「後」に、BA間の売買契約が締結されたときは、CとAは、先に登記した方が所有権を主張できる。

本肢では、Cの時効完成「前」(取得時効の進行中)に、BA間の売買契約が締結されている。したがって、Cは登記がなくても、Aに対して所有権を主張できる。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒登記がなくても対抗できる第三者

このエントリーをはてなブックマークに追加