【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

Aは,Bの代理人として,C所有の土地についてCと売買契約を締結した。CがAをだまして売買契約を締結させた場合は,Aはその売買契約を取り消せるが,Bは取り消せない。

誤り

代理人が相手方とした意思表示の効果は、直接、「本人に帰属」する。したがって、AがだまされたのはBがだまされたのと同じだから、Bは、この契約を詐欺による意思表示として取り消せる。つまり、代理人が相手方にだまされた場合、詐欺による意思表示として取り消せるのは、本人(B)だ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒代理が成立すると

このエントリーをはてなブックマークに追加