【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

AがA所有の甲土地の売却に関する代理権をBに与えた場合,Bが売主Aの代理人であると同時に買主Dの代理人としてAD間で売買契約を締結しても,あらかじめ,A及びDの承諾を受けていれば,この売買契約は有効である。

正しい

代理人(B)が本人(A)と相手方(D)の双方の代理人を兼ねることを双方代理という。双方代理は、禁止され、やってしまえば無権代理として無効になるのが原則だ。双方代理は、事実上、代理人が自分ひとりで代理契約することになり、「本人や相手方の利益を害するおそれがある」からだ。だから、本肢のようにA及びDの承諾が有る場合は、「本人や相手方の利益を害するおそれがあるとは言えない」ので禁止されず、この売買契約は有効となる。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒代理が成立するには

このエントリーをはてなブックマークに追加