【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

Aの子BがAの代理人と偽って,Aの所有地についてCと売買契約を締結した。Aが売買契約を追認しないときは,Cは,Bの無権代理について善意であれば,過失の有無に関係なく,Bに対し履行の請求ができる。

誤り

無権代理があった場合、相手方(C)は、無権代理人(B)に対して履行の請求をすることができるが、そのためには、無権代理について『善意無過失』でなければならない。善意でも過失があった場合は、ダメだ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒代理が成立するには

このエントリーをはてなブックマークに追加