【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

AがBに対して負う1,000万円の債務について,C及びDが連帯保証人となった。CがBから1,000万円の請求を受けた場合,Cは,Bに対して,Dに500万円を請求するよう求めることができる。

誤り

連帯保証人(C)には分別の利益(保証債務を保証人の頭数で均等に分配できる利益)がない。したがって、CがBから1,000万円の請求を受けた場合、Cは、Bに対し、Dに500万円を請求するよう求めることはできない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒保証

このエントリーをはてなブックマークに追加