【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

債務者が保証人を立てる義務を負う場合に要求される要件は,当該保証人が行為能力者であること又は弁済の資力を有することのうち,いずれかの条件を具備していることである。

誤り

債務者が保証人を立てる義務を負う場合には,その保証人が行為能力者であることと,弁済の資力を有することの,「両方の条件」を具備していなければならない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒保証

このエントリーをはてなブックマークに追加