【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

Aは,Bから土地建物を購入する契約(代金5,000万円,手付300万円,違約金1,000万円)を締結し,手付を支払ったが,その後資金計画に支障を来し,残代金を支払えなくなった。Aの債務不履行を理由に契約が解除された場合,Aは,実際の損害額が違約金よりも少なければ,これを立証して,違約金の減額を求めることができる。

誤り

当事者が違約金を定めた場合、その違約金の定めは損害賠償額の予定と推定される。損害賠償額を予定した場合、債務者(A)は、実際の損害額が予定額より小さいことを証明しても、予定額の減額を請求できない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒債務不履行

このエントリーをはてなブックマークに追加