【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

構造上区分所有者全員の共用に供されるべき建物の部分であっても,規約で定めることにより,特定の区分所有者の専有部分とできる。

誤り

「構造上区分所有者全員の共用に供されるべき建物の部分」とは,法定共用部分のことだ。例えば専有部分に通ずる廊下や階段がそうだ。この法定共用部分は専有部分とすることができない。規約に別段の定めがある場合でも,専有部分とできない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒共用部分

このエントリーをはてなブックマークに追加