【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

売主Aは、買主Bとの間で甲土地の売買契約を締結し、代金の3分の2の支払と引換えに所有権移転登記手続と引渡しを行った。その後、Bが残代金を支払わないので、Aは適法に甲土地の売買契約を解除した。Aの解除前に、BがCに甲土地を売却し、BからCに対する所有権移転登記がなされているときは、BのAに対する代金債務につき不履行があることをCが知っていた場合においても、Aは解除に基づく甲土地の所有権をCに対して主張できない。

正しい

本肢では、AがAB間の契約を「解除する前に」、Bが同じ不動産をCに売却している。こういう場合は、「契約を解除しても第三者の権利を害することができない」という民法の定めにより、「第三者(悪意含む)が登記を得ていれば」が勝つ。本肢では第三者Cが登記を得ているので、Cが甲土地の所有権をAに対抗できる。つまり、Aは解除に基づく甲土地の所有権をCに主張できない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒契約の解除

このエントリーをはてなブックマークに追加