【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約が締結された。BがEに甲土地を転売した後に、AがBの強迫を理由にAB間の売買契約を取り消した場合には、EがBによる強迫につき知らなかったときであっても、AはEから甲土地を取り戻すことができる。

正しい

本肢では、売主が売主A・買主B間の契約を「取り消す前に」、買主が同じ不動産を第三者Eに売却している。こういう場合は、二重譲渡があった場合と同様にはならない(「先に登記した方が勝つ」ということにはならない)。第三者Eは、登記の有無を問わず、かつ、善意・悪意を問わず(Bによる強迫の事実を知る・知らないにかかわらず)、Aに対して所有権を主張できない。善意の買主(E)には気の毒だが、おどされた者(A)には何ら責任がないので、おどされた者の保護を優先する趣旨だ。したがって、「EがBによる強迫につき知らなかったときであっても、AはEから甲土地を取り戻すことができる」と言える。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒強迫による意思表示

このエントリーをはてなブックマークに追加