【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

土地を売却するAの売買契約の相手方である買主Cが意思無能力者だった場合,Cは,Aとの間で締結した売買契約を取り消せば,その契約を無効にできる。

誤り

民法は私生活の自由を保障するためにあるが,それは「正常な判断能力(これを「意思能力」という)がある時にされた取引」についてだ。正常な判断能力がない者(これを「意思無能力者」という)がした取引は,自由競争の犠牲にならないようにする必要があるので,効力が否定される。つまり,意思無能力者が行った契約は無効になる。契約を解除したり取り消したりするまでもなく,当然にその契約が効力を生じないということだ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒ナシ

このエントリーをはてなブックマークに追加