【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

買主Aと売主Bの間で建物の売買契約を結び,AはBに手付を渡したが,その手付は解約手付にしようと約束した。手付の額が売買代金に比べて余りにも少ない場合,解約手付の約束は効力を生じない。

誤り

民法は「他人の迷惑にならない限り,何でも約束した通りの事を認める」(契約自由の原則)という大目的を持った法律だ。したがって,買主と売主が約束した以上,手付の額が代金に比べて余りにも少なかったとしても,解約手付にしようという約束は,効力がある。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒手付

このエントリーをはてなブックマークに追加