【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

Xは,9,000万円の遺産を残して死亡した。Xには,配偶者YとYとの間の子Aがいる。XとYとの間には,Aのほかに子Bもいたが,BはX死亡の前にすでに死亡しており,その子bが残されている。さらに,Xには,非嫡出子Cもいる。また,Aには子aがおり,AはX死亡後直ちに相続を放棄した。この場合,Yが4,500万円,bが2,250万円,Cも2,250万円の法定相続分を取得する。

正しい

まず相続人を決める必要がある。配偶者(Y)は相続人だ。Aは相続を放棄したので相続人になれない。相続の放棄があった場合には代襲相続がおきないので、aも相続人になれない。BはXの死亡の前に死亡しているので、相続人じゃない。bが代襲相続する。非嫡出子も相続人なので、Cは相続人になれる。結局、相続人はY・b・Cだ。

法定相続分は、配偶者(Y)が1/2の4,500万円だ。子の分は全員で1/2の4,500万円だ。その4,500万円をb・Cの二人で平等に2,250万円ずつ分けることになる(平成25年の最高裁決定をキッカケに「非嫡出子の法定相続分は嫡出子の半分」ということが無くなった)。したがって本肢では、Yが4,500万円,bが2,250万円,Cも2,250万円の法定相続分を取得する。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒法定相続分はどのくらいか

このエントリーをはてなブックマークに追加