【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

土地の所有者は隣地の所有者と共同の費用で境界を標示する物を設置できるが,その設置工事の費用は,両地の広さに応じて分担しなければならない。

誤り

プライバシーという点から,隣りとの境に塀を設置できるが,費用は,土地の広さに応じて分担するのではない。境界線,つまり塀の長さは土地の広さに関係なく同じだからだ。費用は,隣同士で平等に負担する。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒相隣関係についての民法の定め

このエントリーをはてなブックマークに追加