【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

AとBは,A所有の土地について,所有権を移転する意思がないのに通謀して売買契約を締結し,Bの名義に移転登記をした。Bがこの土地をDに売却し,所有権移転登記をした場合で,DがAB間の契約の事情を知らなかったことについて過失があるときは,Aは,Dに対してこの土地の所有権を主張することができる。

誤り

本肢のDは善意(AB間の契約の事情を知らない)の第三者なので,Aは,Dに対して所有権の無効を主張できない。なお,Dには過失があるが,過失があっても,ここで言う善意の第三者に変わりない(判例)。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒虚偽表示による意思表示

このエントリーをはてなブックマークに追加