【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

被補助人が法律行為を行うためには、常に補助人の同意が必要である。

誤り

被補助人は、原則として一人で契約することができる。被補助人は制限行為能力者の中では一番能力があるので、本人の意思を尊重することが重要になる。そこで、被補助人は被保佐人に制限されていた「不動産や重要な財産について売買契約や贈与契約をすること」等についても、一人で契約できるのが原則だ。なお例外は、本人や補助人があらかじめ家庭裁判所に審判を頼んでおいた契約だ。例えば、本人が所有する不動産の売却は補助人の同意を得なければならない、とあらかじめ家庭裁判所に頼んでおけば、その通りの取り扱いになる。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒被補助人

このエントリーをはてなブックマークに追加