【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

借主Aは,Bの建物について貸主Bとの間で賃貸借契約を締結し,敷金として賃料2カ月分をBに支払ったが,その敷金についてBによる賃料債権への充当はされていない。賃貸借契約期間中にBが建物をCに譲渡し,Cが賃貸人の地位を承継したとき,敷金に関する権利義務は当然にCに受け継がれる。

正しい

第三者(新所有者C)が借家人(A)に対する新しい賃貸人になった場合,借家人が旧賃貸人(B)に差し入れていた敷金は,後日賃貸借が終了した時に,「新賃貸人」が,未払賃料を控除した残額について返還する義務を負う。なお,新賃貸人のこの敷金返還義務は,新賃貸人が旧賃貸人から敷金を受領するなどして事務の引継ぎを受けなくても,当然に負う義務だ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒どうすれば不動産の賃借権を第三者に対抗できるか

このエントリーをはてなブックマークに追加