【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

Aは,その所有する建物を明らかな一時使用(期間2年)のためBに賃貸したが,Bは期間満了後も居住を続け,Aも,その事実を知りながら異議を述べなかった。この場合,Aは,正当事由のない場合でも解約の申入れをし,Bに対し,その3ヶ月後に明渡請求をすることができる。

正しい

本問は、「明らかな一時使用」のための建物賃貸借なので、借地借家法は適用されない。民法だけが適用される建物賃貸借だ。だから、問題文の「……借地借家法によれば……」という部分は、引っ掛け。民法上の賃貸借においては、賃貸人は更新しない自由がある。だから、期間満了後は貸し続ける必要はない(明渡請求できる)が、返してもらうには3ヵ月の猶予期間を置くことが必要である(解約の申入れ後3ヶ月後に明渡請求をすることができる)。民法上の賃貸借においては、賃貸人は更新しない自由があるので、正当事由がなくても、明渡請求できる。正当事由という言葉は、借地借家法が適用されたときの言葉だ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒賃借権の更新

このエントリーをはてなブックマークに追加