【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

AがBから土地を賃借して,建物を建て,その登記をした後,その建物にCの抵当権を設定して,登記をしたが,Aが弁済期に履行しなかったので,Cが抵当権を実行して,Dがその建物を競落した。この場合,BがDの土地の賃借権の譲渡を承諾しないときは,Dは,Bに対しその建物を時価で買い取るよう請求することができる。

正しい

第三者(D)が借地上の建物を取得した場合において,地主(B)が土地の賃借権の譲渡を承諾しないときは,第三者は,地主に対してその建物を時価で買い取るよう請求できる。建物買取請求権の一種だ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒賃借権の譲渡・賃借物の転貸

このエントリーをはてなブックマークに追加