【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

Aは,建物の所有を目的としてBから土地を賃借し,建物を建築して所有しているが,その土地の借地権については登記をしていない。その土地の所有権がBからCに移転され,所有権移転登記がなされた。建物が火事により滅失した場合,建物を新たに築造する旨をこの土地の上の見やすい場所に掲示していれば,Aは,建物の登記をしていなかったときでも,借地権をCに対抗できる。

誤り

本肢の場合は、借地上の建物の「登記」が全然されていないから、Aは借地権をCに対抗できない。「登記」が全然されていないにに,火事で滅失した場合の掲示で、借地上の建物の「登記」に代えることなどできない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒どうすれば不動産の賃借権を第三者に対抗できるか

このエントリーをはてなブックマークに追加