【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

Aは建物をBに賃貸した。Bは建物の賃借権をAの承諾を得て第三者Cに譲渡した。この場合,Aは賃借権の譲渡後に発生した家賃についてはBに請求できない。

正しい

Aは賃借権を譲渡しているが、「賃借権の譲渡」とは賃借人(B)が今までの「法律関係から離脱する」(Cが新しい賃借人になる)形での又貸しだ。したがって、譲渡後に発生した家賃について、賃貸人はCに請求することになる。もはや離脱したBには請求できない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒賃借権の譲渡・賃借物の転貸

このエントリーをはてなブックマークに追加