【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

AとBが,Cから土地を購入し,Cに対する代金債務については連帯して負担する契約を締結した。この場合,Cが,売買契約を解除する意思表示をAに対してした場合,その効力はBにも及ぶ。

誤り

連帯債務者の一人(A)に対する解除の意思表示は,他の連帯債務者(B)に対しては効力を生じない。当事者の一方が数人ある場合は,解除の意思表示は全員(AとB)に対してしなければならない,という解除権不可分の原則があるからだ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒連帯債務

このエントリーをはてなブックマークに追加