【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

防火地域内において,地階を除く階数が5(高さ25m),延べ面積が800㎡,共同住宅にする鉄筋コンクリート造の建築物で,外壁が耐火構造のものを建築しようとする場合,その建築物は,防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画しなければならない。

誤り

延べ面積が「1,000㎡を超える」建築物は,防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画しなければならない。本問の建築物の延べ面積は800㎡だから,そのような必要はない。なお,仮に建築物の延べ面積が1,000㎡を超えているとしても,本問のように鉄筋コンクリート造で外壁が耐火構造のもの(つまり耐火建築物)は,防火性能が高いので,防火上有効な構造の防火壁によって区画しなくてもよい。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒単体規制

このエントリーをはてなブックマークに追加