【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

知事は,事後届出があった日から起算して3週間以内に勧告をすることができない合理的な理由があるときは,3週間の範囲内において,当該期間を延長することができる。

正しい

知事は,事後届出があった日から数えて3週間以内に届出内容を変えるよう注意(勧告)できる。勧告は助言よりキツイ行政指導だから,慎重な調査のため,3週間以内に勧告できないもっともな理由がある場合も多いだろう。そこで,さらに3週間の範囲内で,勧告の期間を延長できることになっている。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒土地取引の事後届出制

このエントリーをはてなブックマークに追加