【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

事後届出が必要な土地売買等の契約を締結したにもかかわらず,所定の期間内にこの届出をしなかった者は,6月以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる。

正しい

勧告無視には罰則がなかったが,事後届出が必要とされる土地取引なのに全然届け出ない者をも放任したのでは,国土利用計画法自体の存在意義がなくなる。そこで届出義務違反には罰則が適用される。具体的には,「6月以下の懲役又は100万円以下の罰金」だ。この数字は細かくてイヤだが,過去問には度々出題されている。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒土地取引の事後届出制

このエントリーをはてなブックマークに追加