【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

国土利用計画法の届出は,注視区域及び監視区域に所在する一定面積以上の土地について必要であり,注視区域及び監視区域外に所在する土地については,その必要はない。

誤り

注視区域及び監視区域に所在する土地では一定面積以上(例:注視区域の市街化区域では2,000㎡以上)の取引について「事前届出」が必要だ。それらの区域以外に所在する土地では,一定面積以上の取引について「事後届出」が必要だ。したがって,「注視区域及び監視区域外に所在する土地については,その必要はない」と表現したら誤り。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒土地取引の事後届出制

このエントリーをはてなブックマークに追加