【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅建業者Aは,B市内の宅地について,その所有者Cから売却の媒介の依頼を受けたが,その宅地の所在する地域では,現在,B市施行の土地区画整理事業が行われており,近々仮換地の指定が行われる見込みである。Aが,その宅地の購入予定者に仮換地の指定について説明する場合,仮換地の指定により,その宅地の所有者はその所有権を失い,指定された仮換地の所有権を取得することとなる,と説明すればよい。

誤り

仮換地が指定されても,従前の宅地(当該宅地)の所有者がその所有権を失うことはない。失うのは従前の宅地の使用収益権(利用する権利)だけだ。また,仮換地が指定されても,従前の宅地の所有者が,仮換地の所有権を取得することはない。従前の宅地の所有者が取得するのは,仮換地の使用収益権だ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒仮換地の指定

このエントリーをはてなブックマークに追加